じじいの猫情報部

じじいの猫情報部

猫に関するブログです。

初めて猫を飼う人が準備する物は?猫の飼い主達が考える本当に必要な物!

f:id:migitewoageta:20170316184652j:plain
この記事には『初めて猫を飼う人が事前の準備として何を用意しておけばいいのか』が書いておる。

それも「猫の飼い主達の意見」を参考にしておるので経験からの裏付けがあるんじゃ。

だからこそ、この記事は『初めて猫を飼う人』には読んでもらいたい。
そのなかでも『事前の準備として何を用意しておけばいいのかわからない人』なんかには最適の記事になっとるぞ!

 

 

何を用意する?

さっそくじゃが猫を飼う前に用意が必要な物を紹介するぞ。

【必要な物】
  1. トイレ
  2.  〃 の砂やシート
  3. エサ
  4.  〃用の容器
  5. 飲み水
  6.  〃 用の容器
  7. キャリーバッグ(洗濯ネット)
  8. 爪切り
  9. ある程度の金銭的な余裕
  10. 最後まで面倒を見る覚悟

 

必要な物の説明

✔飲食関係

水は水道水で問題ないから容器だけ用意すれば良い。

食事に関しては年齢に合わせて選べば難しいことはないじゃろう。
これも容器を用意するんじゃ。

猫は小さい頃から同じものばかり食べていると他の物を食べなくなる可能性が高くなるということは頭に入れておいて損はないじゃろう。

 

猫トイレ

トイレのシートは水分を吸収。
トイレの砂は水分を吸収するタイプと吸収しないタイプの2種類があるんじゃ。

水分を吸収する砂やシートは臭いを抑える効果があったり、後始末を楽にしてくれる効果があるんじゃぞ。
ありがたいの~。

ちなみに、砂と言っても本物の砂は家の中では無理があるからのう。
紙などでできた粒のことを砂と呼んでおることに注意するんじゃぞ。

水分を含んでも全体で固まらない砂もあれば、固まる砂もある。
ワシとしては固まってくれた方が嬉しいわい。

フンや砂は燃えるゴミに出す人もいれば、トイレに流す人も。
便利なことに流せる砂も売られているんじゃよ。

ただし、環境によっては詰まりの原因にもなるので注意じゃぞ?
間違ってもシートをトイレに流すなんてことはないように!

トイレのスタイルを大きく分けると、容器の中に「シートのみを入れ、このシートで水分を吸収するタイプ」「砂のみを入れ、この砂で水分を吸収するタイプ」「シートと砂を併用し、シートのみで吸収するタイプ」「シートと砂を併用し、砂とシートで水分を吸収するタイプ」の4種類。

どのタイプにするかは好みじゃが、猫の習性から砂でフンを隠したりもするんじゃ。
これができないシートのみでは可愛そうという意見もあることは頭に入れておいても良いかもしれんな。

快適なトイレを作ってあげることは飼い主としての大きな役割じゃ。

 

✔猫用キャリーバッグ
これは外出時に必要になるぞ。
いつ外出が必要になるかはわからないので事前の用意が必要じゃ。
そもそも引取りに行く際に必要になる場合も多いじゃろう。

ただし、猫を洗濯ネットに入れ抱えてくるという方法を薦める獣医師もいるようなので、必ず猫用キャリーバッグでなければならないということではなさそうじゃ。

いずれにしても、車の運転中に足元に来られたり、常に逃げないように注意しながら剥きだしのまま抱えて歩いて行くというのは無理があるしのう、危険もいっぱいじゃ。

そう考えれば外出中は猫の動きを制限せざるを得ないので猫用キャリーバッグか、せめて洗濯ネットは必要じゃろうな。

猫を飼い始めたばかりで猫を抱える自信がないのであれば、やはり猫用キャリーバッグを用意するのが無難じゃし、安全だと思うがのう。

丈夫で猫を出し入れしやすい物を選ぶと良い。
体のサイズも考えてあげてくれ。

 

✔爪切り
猫の爪は鋭くて、放っておくと危ないんじゃ。
人間や他の動物に傷ができてしまう可能性があるという訳なんじゃよ。

猫は自分でもいわゆる爪とぎをするんじゃが、それだけでは鋭い爪を完全に防ぐことは難しい。

いずれは用意する物と考えれば、事前に用意しておいてもデメリットはないじゃろう。

 

✔金銭的な余裕
猫を飼うにはお金が掛かるんじゃ。
ごはん代やトイレ代など定期的に掛かる費用から、病気時の病院代も掛かる。

それに動物病院はなかなか高いんじゃよ。

猫や飼い主のためにも無計画に飼うことはおすすめできないのう。

 

✔最後まで面倒を見る覚悟
これが1番重要かもしれんわい。

猫は飼い主を選べないんじゃ。
最後まで家族の一員として大切に面倒を見る気持ちが不可欠じゃぞ!

 

 

これは必要?

必要な物とは別に、事前に用意するかどうかは各自の判断に任せる「任意の物」を一部紹介するぞ。

【任意な物】
  1. ゲージ
  2. ブラシ
  3. マット
  4. リード
  5. 首輪
  6. おもちゃ
  7. ウェットティッシュ
  8. おかし
  9. ペット保険
  10. 猫用ベッド
  11. 猫タワー
  12. 容器洗浄用スポンジ
  13. その他

 

 

任意な物の説明

✔ゲージ
これは猫の飼い主達の間でも意見が分かれる物じゃ。

基本的に猫をずっとゲージで生活させるということはないんじゃが、迎え入れた当初や子猫の場合はあった方が良いという意見がある訳じゃよ。

特に子猫の場合は安全に配慮するに越したことはないからのう。
ワシの場合も子猫の時はゲージを用意したもんじゃ。
大きくなってからは一切使わなくなったんだが、子猫のうちはあった方がいいんじゃないかと今でも思っておる。

 

✔その他
他の物は任意じゃ。
買う前から絶対に必要という物はない。

猫タワーは小さい頃から親しんだ方が利用するという話があったりもするが、家の事情もあるし絶対とは言えないからのう。
ワシの家の猫は大きくなってからでもタワーには登っておったしな。

ただ、おもちゃでたまに遊んであげて欲しいとは思うのう。

首輪とリードは個人的には必要な物に数えても良いと思う。
外出の際に不意に飛び出すことを防いでくれるし、首輪は迷子の際の目印にもなるんじゃ。
慣れていない最初は特に必要だと思うぞ!

 

 

猫の飼い主達の意見

猫の飼い主達の意見も紹介しておくわい。

飼い主1号
「日常で最重要なのはトイレと飲食!」

 

飼い主2号
「猫はおもちゃじゃない。何よりも責任感が必要。何があっても守ってやってくれ」

 

飼い主3号
「個人的には爪切りも用意した方が良いと思う。猫の爪は鋭く伸びるので、ひっかくつもりがなくても偶然人の肌が切れることがあるから」

 

飼い主4号
「キャットタワーはあるに越したことはないでしょうが、なくても大丈夫ですよ!」

 

飼い主5号
「日常でゲージを使うことはないですが、子猫や初めて猫を飼う場合はゲージがあっても良いかもしれない」

 

飼い主6号
「爪とぎ用のダンボールとかも売っていますからあってもいいでしょうね。猫は爪とぎをしますから、これで爪を研ぐ癖をつけておくことで壁やソファなどがボロボロになりにくくなるでしょう」

 

飼い主7号
「ゲージはなんとも言えないですねぇ。子猫以外は個人的には必要ないかな」

 

飼い主8号
「ごはんと水とトイレ。これはしっかりしてあげてくださいね!」

 

飼い主9号
「子猫の間は家を留守にした時に高い場所に上がっちゃうとか、コードとかに絡まるとかがあったら大変。ゲージは買ってあげてください」

 

飼い主10号
「何よりも重要なのは愛情。やっぱり飼えなくなりましたなんてことがないようにしてあげて欲しいですよね」

 

飼い主11号
「ブラシは必須とは言えないですがあって損はないです。でもうちではブラシはほとんどしていません」

 

飼い主12号
「子猫のうちは特に注意してくださいね。できるだけ一緒にいてあげてください」

 

飼い主13号
「ワクチン接種などで動物病院に行くのでキャリーバックもお忘れなく。体格なども考慮して選んであげてください。うちの猫は暴れるほど嫌がるので入れやすいのを選ぶのも大切かも」

 

飼い主14号
「猫を買うための最低限の知識は必要でしょう。何より猫が好きという気持ちが大切。これさえあれば猫のことをしっかり考えるでしょうから」

 

飼い主15号
「おもちゃもあって損はない。自分で作ることもできるけど」

 

飼い主16号
「猫と生活をするにはある程度お金も掛かるので余裕がない人はやめておいた方がいい。後あまりにも高齢で面倒を見れなくなる可能性が高い方もやめておいた方がいいかも」

 

飼い主17号
「ベッドはあっても利用するかはわからないので絶対に必要という訳ではないです。我が家では布団に乗ってきて一緒に寝ることがほとんど。ベッドは使わないので捨てました」

 

飼い主18号
「通院などで何かの際にキャリーバッグから逃げてしまっては大変なので、首輪とリードをその時用に買っておくことをおすすめします」

 

飼い主19号
「細かいこと言い出したらトイレの砂を外に弾き飛ばすことがあるのでマットなんか敷いといたら便利です。トイレを洗うためにウェットティッシュなんかもうちには置いてますが、この辺はそれぞれのやり方もあるでしょうから後々でも大丈夫かも」

 

飼い主20号
「子猫以外は常に何かしなければならないという訳ではないので、最低限のものを揃えたら後は各自で必要なものを揃えていくという感じですかね」

 

飼い主21号
「爪切りは用意しておいた方がいいです。爪が伸びるのは待ってくれないですから

 

飼い主22号
「食事にしろトイレの砂にしろ、色々な商品があるのでよく考えて買った方がいい」

 

飼い主23号
「おかしなんかもあればもっと仲良くなれます。本当に嬉しそうに食べますから」

 

飼い主24号
「命を預かるという覚悟!これは絶対に必要!」

 

飼い主25号
「避妊手術のこととか、最低限の知識は頭に入れておくこと」

 

飼い主26号
「ある程度大きな猫ならゲージはいらないかも。うちでは来た時は3ヶ月くらいだったけどゲージは使わなかったし、問題なかった」

 

飼い主27号
「ペット保険というのもあるので考えておいたらいいかも。必要かどうかは人によるかな。ただ経済的に余裕がないなら飼わないのがお互いのためだと思う」

 

飼い主28号
「猫はとにかく可愛いの一言に尽きます。だからこそお金のこととかちゃんとしてあげないとダメだと思います」

 

飼い主29号
「猫用の草とか、風呂に入れるならシャンプーとか細々としたものもあるけどこれは最初から揃えなくてもいいしない家もある。猫の皿を洗ったりするスポンジとかは用意しておいたらいいと思う」

 

飼い主30号
「猫の性格とかもありますし、暮らしていくうちにこれもあったらいいなというのは出てくると思います。最初から必要なものはしっかりと揃えてください」

 

 

最後に

必要な物リストからはすべて用意し、任意な物リストからは各自の判断で用意して欲しいと思う。

特に首輪とリードはそんなに高い物でもないし、買っておいて損は少ないと思うからの。

一緒に生活しているうちに、任意な物の中からこれが必要、あれがいらないとだんだん各自で判断できるようになるものじゃ。

とにかく、最初は準備万端で猫を家に迎えてあげてください。