じじいの猫情報部

じじいの猫情報部

猫に関するブログです。

猫は出掛けて欲しくない?猫の飼い主達に聞いた出掛ける時の猫の様子

f:id:migitewoageta:20170317111818j:plain
多くの野良猫は単独で生活をするもんなんじゃ。
たまには集会を開くんじゃが、それは争いを出来るだけ避けるための顔合わせのような役割があると言われておる。

つまり、基本的には縄張りを持ち、自分のテリトリー内で生活しているということ。

ただし、これらはエサを確保するという目的があるからこそのシステムだと言われている。

その証拠に、エサが豊富な地域では、猫が集会以外でも集団でいる姿がよく見られるんじゃ。家猫でも仲の良い猫はいるじゃろう。

もし、心底一人で生活するのが好きということであれば、エサの確保という問題が解消した後でも単独で生活するんじゃないかのう?

そう考えれば、自由気ままな猫ではあるが、誰かと一緒に生活するのは好きな方なんじゃないかと勝手に思っとる。

さて、そんな猫じゃが、飼い主が出掛ける時にどんな様子なのかとふと気になった。
そこで猫の飼い主達に調査したもんで、それを紹介しようと思うんじゃ。

この記事には『飼い主や家族が出掛ける際、猫はどんな様子なのか』などが書いておる。

猫と生活している人他の家の猫の様子飼い主の気持ちがわかる。
猫と生活していない人猫の様子飼い主の気持ちがわかる。

少しでも興味がある方は是非ともこの後も読んで欲しいんじゃ。

 

 

お出掛け時の猫の反応

飼い主1号
「玄関を出ると、部屋の中から猫の鳴き声が聞こえてくる時がある。この時は出かけるのが申し訳なくなります」

 

飼い主2号
「出掛けようと思い着替え始めると、しっぽをまっすぐあげながら、足にまとわりついてきます。なんとなく出掛けるのを阻止しようとしているんじゃないかという気がしてしまいます」

 

飼い主3号
「出掛ける前に甘えてくる姿を見ると、出掛けるのが辛くなる・・。」

 

飼い主4号
「気づかないか知らんぷりされる。しかも出掛ける前も帰った後も同じ場所で寝てる時があるし。それも珍しいことじゃない」

 

飼い主5号
「突然いなくなったと思わさないように「行ってきます!」「ただいま♪」とか、猫にちゃんと挨拶してるので理解してくれているとは思います」

 

飼い主6号
「出掛ける時にこっそりドアの隙間から覗いてみると、ジーッとこっちを見ていた・・。」

 

飼い主7号
「その時はいなくなるのが不安なだけでは?たぶんしばらくしたら普通に寝てるか外でも眺めてるでしょ」

 

飼い主8号
「猫は環境の変化を嫌がります。飼い主も環境の1つであり、それが変わるのが猫は怖いというか、不安なんじゃないかと思います」

 

飼い主9号
「うちの場合は出掛けると気づいたら大変。足に猫パンチを食らわせてきたり、噛み付き攻撃をしてきます。普段はしないので寂しいのかもしれません・・。」

 

飼い主10号
「寂しいんじゃないかな?と少しも思わない訳ではないですが、猫って寝てばかりいるし、常識的な範囲であれば大丈夫だと思う」

 

飼い主11号
「短期間なら何も問題ないと思います。ただ、やっぱり長期間留守番させるのは寂しいと思いますよ?私が家に帰ると足にスリスリしてきますから。猫はただ匂いを付けているだけだよ?と言うかもしれないですけどね(笑)」

 

飼い主12号
「人間を母親のように思う猫もいるみたい。我が家の猫は私を母親だと思ってるのか、大声で寂しそうに鳴いています・・。」

 

飼い主13号
「うちの場合はあんまり出掛けない人がいるので、誰かは大抵いるので出掛けても寂しくなさそう。出掛ける時に様子を確認したら寝てるし」

 

飼い主14号
「なかにはかなり寂しがり屋な猫もいるので注意した方がいいですよ。寂しさがストレスになり、それが原因で下痢などの体調不良を起こしていた猫を知っています。その猫の体調は良くなったので対策がない訳ではないですけど」

 

飼い主15号
「コートにゲロを吐かれて外出できなかったことがあります(笑)」

 

飼い主16号
「出掛ける時は大体無反応です。誰かが出掛けて途中で気づいて鳴いてることもあるけど、あんまり出掛ける時は気づいてないんじゃないかな?あと猫が寂しがるかどうかは家族にもよります」

 

飼い主17号
「猫を飼ってない人は猫が寂しがるなんて思わないんじゃないかな?たぶん思った以上に甘えん坊で寂しがり屋」

 

飼い主18号
「外出どころか、お風呂に入るだけでもスリスリとして顔を見つめてきます。服も脱いで裸なのに・・。でもお風呂もドアを閉めるし、寂しいのかもしれないですね。どこに行くの?って」

 

飼い主19号
「1人暮らしの場合は猫が2匹くらいいた方が留守中も寂しくないのかもしれない」

 

飼い主20号
「ほとんど寝てるから俺が出掛けても気づいてない。気づいてもブスッとした顔でチラッと見て、また寝てるわ」

 

飼い主21号
「ドアを閉めた後、耳を澄ませばオォーン!オォーン!と声をひっくり返らせて鳴いていることがあります・・。帰ってきたらドアの向こうから同じように鳴き声が聞こえる時も・・。」

 

飼い主22号
「なんだか出掛ける時に限って甘えてくる気がします。出掛けない訳にもいかないので、しょうがないから声を掛けてから出かけるようにしてます」

 

 

最後に

どうやら「寂しがる」「素っ気ない」かの2パターンに分かれるようじゃが・・猫が本当に寂しがってるのかまではわからんからのう。

ただ、人間を母親のように思ってる猫は確かにいるようじゃ。
親と離された時期によっては親離れをせず子供心のままの猫もいるようじゃから、そういうのも関係しているんじゃなかろうか。

だからと言って外出しない訳にはいかないし、留守番自体も基本的には問題ないじゃろう。

ただし、常識的な範囲で行動して欲しいとは思うわい。
素っ気ない素振りを見せながらも、実は寂しいと思っている猫もいるかもしれんからのう。

ワシの家の猫は誰かが出掛けても気づいてなさそうじゃ。
途中で誰かを探して、いないことに気づくと玄関の前で鳴いてることはあるがな。

出掛けるのが辛いという飼い主の気持ちはワシもわかるし、ちょっと可愛そうに思うこともあるんじゃが、こればかりは本当にしょうがないからのう・・。

だからこそ、家にいる時はたまには遊んであげて欲しいのう。