じじいの猫情報部

じじいの猫情報部

猫に関するブログです。

チャイムが鳴った時の猫の反応は?来客時の猫の反応を調べてみました

f:id:migitewoageta:20170319232055j:plainこの記事では来客時に『チャイムが鳴った時の猫達の反応』について紹介しておる。

猫の飼い主達が見た猫の様子が書いておるんじゃ。
飼い主や家族とはまた違う、来客の場合に猫はどんな反応を示すのか。

猫を飼っているけど他の猫の反応が知りたい。
猫を飼っていないけど猫が好き。

そんな方にはピッタリの内容になっておる。
少しでも気になった方は最後までご覧下さい。

 

来客時の猫の反応

さっそくじゃが、猫の飼い主達による「チャイムが鳴った時の猫の反応」を紹介する。

 

飼い主1号
「基本的に猫は怖がりなんで隠れると思いますよ?うちの猫もそうですが、知り合いの家に行っても猫の姿はほとんど見たことないですから」

 

飼い主2号
「玄関開けられない癖にインターホン鳴ったら私より先に玄関に行く」

 

飼い主3号
「実家の猫はかなり人見知り。爆睡中でもピンポーンのピとチャイムが鳴った瞬間に飛び起きて物陰に隠れる」

 

飼い主4号
「我が家は来客が少ないせいか、チャイムが鳴ったら猛ダッシュで隠れてしまいます。もう少し人に慣れて欲しいという思いもありますが、難しいかな?怖いものはしょうがないよね」

 

飼い主5号
「来客時はほぼ隠れますね。いつ見つけたのか隠れ家をしっかり確保してるのがなんとも可愛らしい」

 

飼い主6号
「はっちゃ気になって玄関に走っていって、威嚇します(笑)」

 

飼い主7号
「猫がすごい勢いで逃げた時、それはチャイムの合図。」

 

飼い主8号
「最初は急いで隠れていましたが、少し慣れたのか今では玄関に行き不思議そうに配達員さんなどの顔を眺めています。こないだは女性配達員さんに手を振ってもらっていました。サインしてたんですが、こっそり目撃しました」

 

飼い主9号
「最初は警戒して隠れてるけど、少ししたら警戒しながら出てくる感じ。怖いけど、好奇心も旺盛というか」

 

飼い主10号
「誰が来ようが完全に無視。まったくの無反応。年のせいもあるかも」

 

飼い主11号
「基本的には隠れますかね。慣れた配達員さんなら近くまで行くようにはなりましたが。」

 

飼い主12号
「複数の猫がいますが、家族じゃなくても誰だろうと玄関まで迎えに行く猫もいれば、急いで逃げ去る猫もいます。こればっかりは性格でしょうね」

 

飼い主13号
「普段はのろまな猫だけど、チャイムがなった瞬間だけは瞬足のスプリンターになります!」

 

飼い主14号
「うちの場合はゆっくりとノソノソと玄関まで歩き、玄関が開くのを座りながら眺めていることが多いです」

 

飼い主15号
「2匹です。1匹は隠れて、もう1匹は唸りながら腰を低くし、ゆっくり玄関まで歩いていきます」

 

飼い主16号
「年齢のせいか普段から反応が鈍い。誰か来ても堂々としてるというか、ボーッとしてる」

 

飼い主17号
「やっぱり警戒しますね。家の人が帰る時はチャイムを鳴らさず鍵を開けるので、チャイムが鳴ればまず知らない人と認識していると思います。チャイムを鳴らして家に帰るようにすれば怖いものじゃないと思うようになるかも・・。」

 

飼い主18号
「実家の猫だけど、いつも配達してくれる方(猫好き)が来たときだけ、お迎えに出ます」

 

飼い主19号
「我先にと玄関まで競争して走っていく。性格は猫の品種にもよるでしょう」

 

飼い主20号
「友人の家の猫は逃げも隠れもしなかった。玄関まで来てくれることはなかったけど、気が向いたら僕の膝の上に乗ってくる、人懐っこい猫だった。うちの猫は弱いくせに唸りながら玄関まで行くタイプ」

 

飼い主21号
「うちのねこは何故か最近インターホンを押すのにハマってるんだけど、怖いから夜中にやるのはまじでやめて欲しい」

 

飼い主22号
「猫って結構隠れちゃうことが多いんですよね。だから、猫を飼ってない人からすればそれが猫のイメージになるんじゃないかと」

 

飼い主23号
「1匹はベッドの下、もう1匹はソファの下に一目散に逃げる。」

 

飼い主24号
「チャイムが鳴った瞬間になぜか唸る。昔なら確実に隠れてただけに、少し成長したということなのだろうか」

 

飼い主25号
「いつでも逃げれるような態勢で玄関まで見に来ます。そのままそこで見てるか逃げるかは客次第。声が大きいと大体逃げる気はする」

 

飼い主26号
「玄関まで行くこともないけど逃げることもない。気分が良ければお客さんのいる部屋まで来ることも」

 

飼い主27号
「インターホンなった瞬間にヴゥゥゥ・・ってなる。弱いくせに」

 

飼い主28号
「猫にしたらチャイム1つでも一大事なんでしょうね。人間の感覚を猫に当てはめてはいけない」

 

飼い主29号
「勢いよく玄関まで走っていくので外に出ないか心配・・。」

 

飼い主30号
「チャイムが鳴ると耳を向けて明らかに意識してる。けど逃げる訳でもなく、その場で警戒してる感じかな」

 

飼い主31号
「チャイム音には割と平気になりましたが、雷や花火の音だと確実に隠れます」

 

最後に

大きく分ければ「隠れる」「出迎える」「見に行く」「威嚇しに行く」「何もしない」の5パターンじゃないかのう。

これは猫の性格や環境にもよるじゃろう。
頻繁に来客があれば慣れていくこともあるかもしれんし、窓から人をよく見ているだけでも少し人に慣れるということもあるかもしれん。

ただ、これは良い悪いがある訳でもないからのう。
猫の自然体に任せてあげて欲しい。

ここのパターンにはないんじゃが、威嚇を超えて攻撃するというようなことがあればこれは対策が必要だと思うがのう。

そうでもなければ何も問題はないとワシは思う。

猫を飼い始めたばかりの人もいると思うが、猫にはビビリも多いんじゃ。
もし急いで隠れたとしても気にしなくて良いんじゃぞ。
いろんな猫がいるもんじゃ。