じじいの猫情報部

じじいの猫情報部

猫に関するブログです。

自分のしっぽを追い掛ける猫がいる

f:id:migitewoageta:20170405091543j:plainこの記事には「猫のしっぽ遊び」について書いておる。

 

 

 

はじめに

猫は自分のしっぽを追いかけて遊ぶことがある。

正確には遊んでいるというよりは、追いかけるというか。

とにかく、気にすることがあるんじゃ。

 

 

 

猫好きの声

猫好きの声を聞いてみよう。

 

猫好き1号
「自分のしっぽを追いかけるなんて可愛いwww うちの猫はしっぽが短すぎてできそうにない。」

 

 

猫好き2号
「よくしっぽで遊んでます。自分のしっぽだと気づいてないのでしょうか?」

 

 

猫好き3号
「自分のしっぽで遊ぶ姿は可愛いけど、なんかおかしいw」

 

 

猫好き4号
「たまに見かけますね。飼い猫の1匹がたまにやりますが、もう1匹は見かけません。」

 

 

猫好き5号
「なんで自分の尻尾を追い掛け回すんだろう・・。」

 

 

猫好き6号
「ほんとにグルグル物凄い勢いで追いかけてることがある(笑)」

 

 

猫好き7号
「小さい頃は特に多いのではないかと思います。」

 

 

猫好き8号
「しっぽが気になるのか知らんけど、こっちはどうしてしっぽを追いかけるのかが気になる。」

 

 

猫好き9号
「私もよく見ます。悪いと思いつつもついつい笑ってしまいます(笑)」

 

 

猫好き10号
「子供の頃はほんとによくやってたけど、大きなってからは一切しなくなりましたね。」

 

 

猫好き11号
「よくやってますよ!可愛いです」

 

 

猫好き12号
「なんだこれ?ってな感じで揺れるしっぽをジッと見てることはある。揺らしてるのも自分なんだけど。」

 

 

猫が自分のしっぽで遊ぶことは多いようじゃ。

特に子猫だと多いという指摘がある。

 

 

 

遊ぶ理由

猫は小さな動くものに反応する習性がある。
これは狩りをしていた名残であると言われておる。

なので、猫じゃらしなどを揺らしたり、動かすと猫は追いかけたりして遊ぶんじゃ。

ライオンだって猫と同様、猫じゃらしで遊ぶんじゃよ。
テレビでやっておったが、番組で作った猫じゃらしを簡単に壊しておった。

つまり、しっぽへの反応も、基本的には猫じゃらしと同じことなんじゃ。

普段はしっぽを舐めたり、動かしているので自分の体という認識はあるじゃろうが、ふと見るとユラユラと揺れているしっぽに、ついつい反応してしまうということじゃ。

子猫のうちは簡単なことでも遊んでくれるが、大きくなると簡単なことでは遊ばなくなる猫もいる。

子猫の方がよくしっぽで遊ぶというのも、この辺が関係しているんじゃないかのう。

 

 

 

注意が必要な場合も

基本的には問題ないケースが多いと思うが、注意が必要なケースもある。

しっぽに病気がある場合やストレスが溜まっている場合もあるらしい。

他に、問題のないケースでも、しっぽを捕まえる際に本気で噛み付いてしまい、それが傷となることがある。これにより、深刻な事態に発展するケースもあるようじゃ。

 

 

 

最後に

ワシの家の猫もたまにやっておる。
しかし、動物病院で体調不良を指摘されたことはない。

20回転や30回転はクルクルと回っとる。
止まったと思えば今度は逆回転。
これをしばらく続けて軽く噛んで捕まえたと思ったら、しっぽと気づくのか今度は舐めとる。

ただ、先にも言ったが注意が必要なケースもあることは頭に入れておいて損はないじゃろう。

何か異変を感じた場合は、病院で診てもらうと良いと思うぞ。