じじいの猫情報部

じじいの猫情報部

猫に関するブログです。

抜け落ちた『猫のヒゲ』を見つけたらどうしていますか?

f:id:migitewoageta:20170409093733j:plain猫を飼っている方は「抜け落ちた猫の口ヒゲ」はどうしておるかのう?

この記事には「猫の飼い主による抜け落ちた猫の口ヒゲの取り扱い」について書いておる。

猫を飼っている人も、飼っていない人も、少しでも興味がある方は、是非とも見て欲しいと思っとる。

 

 

 

はじめに

猫の口ヒゲは人間の口ヒゲとは違い1本1本が太いんじゃ。

ただの1本の毛とは違う特別感があるんじゃ。

ワシなんか長ければ長いほど「おぉ~!」と思う。

そんな猫の口ヒゲじゃが、割と頻繁に落ちている所を見つけるんじゃ。

この特別感のある猫の口ヒゲは、猫の飼い主はどうしているのかを紹介する。

 

 

 

猫のヒゲの役割

その前に、簡単に猫の口ヒゲの役割を説明する。

猫は狭い所によく入るんじゃ。
ただ、入ったはいいが、出られなくなったら困る。

そこで、この口ヒゲが通れるかどうかの判断材料となっとるんじゃ。

他にも暗い場所で物にぶつからずにスムーズに歩くのにも役立つようじゃぞ。

ヒゲが太い理由は根元に神経が集中しているからと言われとる。

だから、ここで敏感に風向きなどの情報も取得しているらしい。

こういうのは狩りでも役に立つんじゃろうな。

要するに、ただの毛ではなく、目や耳のように情報を取得できる重要な感覚器であるということなんじゃよ。

だから特別感のあるヒゲになっとるんじゃな。

ちなみに、感情をヒゲで表したりもするんじゃ。

 

 

 

猫の飼い主の反応

抜け落ちた猫のヒゲをどうしているかを紹介するぞ。

 

1人目の猫好きさん
「抜けたヒゲは猫の頭に刺して再利用」

 

 

2人目の猫好きさん
「猫のひげは幸運を招くと言われているので、私は拾って集めてます(笑)」

 

 

3人目の猫好きさん
「拾って集めてます!今は猫のヒゲを保管するケースまで売ってますよwww」

 

 

4人目の猫好きさん
「なんとなく集めちゃうんですよね。専用のケースを用意しようと考えています。」

 

 

5人目の猫好きさん
「たまに拾ってくるくる回したり遊ぶけど、集めてはいないかな~。」

 

 

6人目の猫好きさん
「以前は収集していましたが、収拾がつかないので収集を断念しています。」

 

 

7人目の猫好きさん
「鳥の羽の根元のようで文字でも書けるんじゃないかと眺めてる」

 

 

8人目の猫好きさん
「白いヒゲ、黒いヒゲ。見つけたらなんか嬉しい」

 

 

9人目の猫好きさん
「猫の頭にフッと差してしまう・・。」

 

 

10人目の猫好きさん
「猫好きすぎて集めてます!可愛すぎる!」

 

 

11人目の猫好きさん
「何回も見つけてるのに見つけたら「おぉ♪」ってなる」

 

 

12人目の猫好きさん
「財布に保管してますが、お金はたまらず減る一方!(涙)」

 

 

13人目の猫好きさん
「私は猫のおもちゃにしてますよ?目の前でフリフリしたらじゃれてきます」

 

 

14人目の猫好きさん
「箱に大事にしまってますよ♪」

 

 

15人目の猫好きさん
「僕は普通に捨ててます。保管した方がいいんですか?」

 

 

16人目の猫好きさん
「もう10年以上集めてますが、まだあんまりたまりませんねぇ」

 

 

17人目の猫好きさん
「集めてたけどキリがないから捨てるようにしてます。」

 

 

18人目の猫好きさん
「たくさん集まったら何か出来るんじゃないかと思ってますが使い道が・・。筆でも作れないですかねぇ・・(汗)」

 

 

19人目の猫好きさん
「拾ったら指でくるくる回したりして遊んでます」

 

 

20人目の猫好きさん
「集めて同じように自分の顔につけてみようかと考えてる。」

 

 

21人目の猫好きさん
「何かに使えないかな?と思いつつも捨ててます。」

 

 

22人目の猫好きさん
「集めてましたがいつでも集まると思って捨ててしまいました。でも亡くなってしまってから捨てたことを少し後悔しています。」

 

 

23人目の猫好きさん
「猫の髭でチクチクされたいぜ!」

 

 

24人目の猫好きさん
「髭が落ちてるだけで興奮させる猫が可愛い」

 

 

 

最後に

なかなか猫の口ヒゲを集めてる人はいるようじゃ。

ちなみに、猫の髭の色は黒と白とミックスの3種類あると教わった。

猫の頭についつい差してしまう人もいるようじゃな(笑)

その気持ちはわかる。